一年ちょっと前からお鍋でご飯を炊いています。

最初は普通の土鍋で炊いていましたが
蓋に穴があるせいか、炊きムラが気になりました。
やはり重い蓋で圧力がかかった方がいいのかな?と
今度はルクルーゼで炊きました。
ご飯が甘く感じられ、土鍋よりおいしく感じました。

1年くらいルクルーゼで炊いていたので
ご飯専用のお鍋が欲しくなり、探していました。

そして南部鉄のご飯鍋でありながら「洋」の雰囲気もある
このお鍋に出会い一目ぼれ〜♪
3合炊きを購入しました。

ご飯を炊くお鍋は、お米が対流しやすいように
ある程度深さがあるお鍋がいいそうです。

そして、このお鍋の一番の特徴は、
蓋の裏に複数の突起があることです。
(写真中)
上がった蒸気が蓋に当たって、水滴になって
下に落ちるわけですが、複数の突起があることによって
水滴が一箇所にかたまらず、分散されるので
煮ているものに均一に水滴が落ちるのも
おいしくできるポイントだそうです。

このお鍋は、もちろんご飯を炊く以外に
お鍋としても使えます。
筑前煮を作りましたが、おいしくできました。
炊き込みご飯もおいしくできます。
(写真下)


電気の炊飯器と違って壊れることはないので
これからずっと、大事に使っていきたいと思ってます。
BACK
2003/04/28 up
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー