■ lavatory ■
洗面所です。
右隣には、洗濯機が置いてあり「パウダールーム」なんて言えるような
おしゃれな空間ではありません。(*^^*)ニコ

去年、壁に珪藻土を塗ったくらいで、入居時とほとんど変わっていません。
洗面台は、目黒の「カーフ」でオーダーしました。
ミラーは、ザ・ペニーワイズで購入したものです。
「カランは絶対に真鍮!」って決めていました。
初めは、アンティークのカランを希望していたのですが
カーフさんから「アンティークはコンディションが不安定なので
水周りには使わない方がいい」というアドバイスを頂き、それに従いました。
扉はパイン材ですが、カランに合わせてノブも真鍮にしたので、
濃い目の塗装の方が合うような気がして、パインにしては、濃い色にして頂きました。

どの部屋もフローリングというのは変化が無くてつまらない気がして、床はコルク材です。
コスト的には、なるべく同じ素材を使った方が、ずっと安くなりますが・・好み優先です!(*^^*)ニコ

デザインのつまらない(笑)シェードがついていたので
去年、変えました。
白のホーロー素材で、ブルーの文字が爽やかで
「洗面所向きかな?」と思い、取り付けました。
洗濯機の後ろには、上げ下げの格子窓があります。
私は、お部屋の換気には、わりと気を使うほうなので
この窓を塞ぎたくないので、乾燥機は買いません。

窓には、ガーゼで作ったカフェカーテンを
庭の木の枝を利用して掛けています。
2005/06/14 up
壁には、お手製のリネンのバスタオルを。
ハンガーは、庭の木にワイヤーでフックを付けたものです。

バスタオル掛けの上の壁が、間延びした感じだったので
古木に「Compagne」と書いて壁に貼り、
更にドライフラワーをプラスしました。
本物の植物を飾りたかったのですが、場所的に難しく
フェイクの植物は、あまり好きじゃないので
ドライフラワーにしました。
小さな赤い実がついています。
フェイクの方が、扱いが楽には楽なのですが・・
やはり自然素材が好き♪
バスタオルの足元には、旧家から出たという
アンティークの米びつを置いています。
日本の物ですが、和っぽくないので
ここに置いて、中には洗剤のストックなどを。
実際の色はもっと濃くて、こげ茶色です。
2005/08/21 up

バスルームです。
自分達の好みはハッキリしているほうなので
他のお部屋の素材選びは、時間がかかりませんでしたが
唯一バスルームは、悩みました。

ユニットバスも考えましたが、ショールームに行ってみて、ちょっと味気ない感じがしたので、
お掃除は手間が掛かるけど、やはり在来のタイル貼りにしました。
でも迷ったのは色・・結構悩みました。
昔からナチュラル系が好きだったので、カフェオレ色のタイルを選びました。
当時は今程使われていなかった小さいモザイクタイル・・工務店が「無い」と言うので、
「そんなはずはない!」と自分でメーカーに電話したりして探しました。
今ならネットで簡単に探せると思いますが、10年前は使いたい材料探すのは一苦労でした。

電話で確認してからメーカーのショールームへ・・そこで実際にタイルの色を確認して注文しました。

お風呂は奮発して(笑)ジェットバスにしました。
最近はどうかわかりませんが、当時はまだ高くて・・。(/_;)クスン
でも、お風呂って1日の疲れをとる大切な場所なので、
ちょっ高かったけど、迷わずジェットバスにしました♪
今では、お湯が動かないと(笑)、何か寂しい感じです。

大き目の窓があるので、夏も気持ちよく入浴できます。

→シャンプー類は、陶器のボトルに入れ替えています。
2005/10/10 up
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー